Marketing Technology
tel

   

Cluster Analysis

クラスター分析

クラスター分析はサンプルを複数の質的、量的データによって、特徴の似たいくつかのグループに分ける手法です。

複数のデータからグループ分けしたクラスターを作成し、クラスターの特徴やボリュームを分析することで、単純なクロス集計などでは捉えきれない事象を解析するために使います。

クラスターには分類する対象によって2種類ある

・サンプルクラスター:対象者を直接分類するクラスター(例:身長と体重から対象者を体型のクラスターにわける。人々の生活意識、ライフスタイル、志向性の違いで分ける。)

・変数クラスター:サンプルではなく変数を分類するクラスター(例:多数の評価項目をいくつかの中・大分類に集約するなど、多数ある項目を回答パターンが似た傾向の項目同士をまとめてグループ化するクラスター)

事例1

[解析目的]
消費者を食生活に関する意識の違いによってグループ化する。

[解析方法]
(1)クラスター分析質問の作成
クラスター分析に用いる質問は質的データ、数量データのいずれでもよい。下記の事例のように回答者の意識を段階評価で質問して用いることも多い。

Q 食生活に関してあなたのお考えや行動に当てはまるものは?

(2)クラスター分析による、サンプルクラスターの分類
クラスター分析の過程で下記のような樹形図が生成され、各サンプルはクラスターに分類される。

[解析結果]
料理に対する関心・こだわりの強さ、外食-内食志向によって次の5つのグループに分類された。

・健康食派・・・・・・・・・・・食の安全を重視し、健康を考えて食事を摂ることを心がける最も数の多いグループ。
・食べ歩きグルメ派・・・・おいしい料理を求め、料理を楽しむ気持ちが強いグループ。
・手料理派・・・・・・・・・・・外食よりも自分で手作りすることへのこだわりが強いグループ。
・ファーストフード派・・・・手軽に簡単に食べられることを重視する料理に利便性を求めるグループ。
・質素派・・・・・・・・・・・・・料理を作ったり、おいしいものを食べる欲求が比較的薄いグループ。

事例2

[解析目的]
乗用車ユーザーをクルマに求める志向性の違いによってグループ化する。

[解析方法]
クラスター分析質問
Q クルマに関してあなたのお考えや行動に当てはまるものは?

[解析結果]
クルマへの志向によって次の5つのグループに分類された。

・ステーションワゴン志向・・・・最大規模のグループで、スポーツ性とユーティリティの両立などクルマに総合バランスを求めるグループ。
・ミニバン志向・・・・・・・・・・・・スポーツ性能やデザインなどよりも日常の実用的な使い勝手の良さを最も重視するグループ。
・セダン志向・・・・・・・・・・・・・どちらかといえばスポーツ走行性を求めるが、やや保守的で強いこだわりのないグループ。
・スペシャルティ志向・・・・・・・いわゆるクルマ好きで、走行性能を重視、走る喜びを求めるグループ。
・高級SUV志向・・・・・・・・・・ハイグレードでユーティリティも高い車を求めるグループ。

© 2018 Marketing Technology Inc.

上に戻る